読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正義を受け継ぐ者

がんばります。

ポケモン歴

覚えている範囲でまとめておく。

第1.2世代
ポケモン金を初めてプレイする。
 ワニノコをもらい、ウバメの森のカモネギのイベントがクリア出来ずにオーダイルまで進化しました。その後、多分一度リセットしてチコリータをもらいプレイしなおした。
金の後に初代バージョンをやっている。


第3世代
サファイアをやる。少し後にルビーもやった。サファイアはキモリを貰い、ルビーはアチャモを貰った。このサファイアのキモリジュカインになって今もLv.100でポケバンクにいます。性格は冷静。このサファイアのレックウザもいる。性格はおっとり、そしてCがV。

リーフグリーンをやる。ゼニガメを貰った。ヤマブキシティの入り方が分からなかった。TNがフシギバナってのはよく分からない。当時の僕に聞きたい。このリーフグリーンミュウツーもポケバンクにいる。性格せっかちのHV。そして、指を振るを覚えている凄い。
また、ポケモンコロシアムもやっており、ポケモンコロシアムダークポケモンをリライブする為には性格によって効果の良いもの悪いものがあると攻略本に書いてあってそこで性格を知った。また、攻略本に努力値のことが軽〜く書いてあって(ゴニョニョをたくさん倒すと体力が増える的な)ルギアの努力値を振りました。4世代までは手持ちにいる時はレベルを上げないと努力値が反映されないからレベルを上げた時にとんでもない数値Hがプラスされてビックリした思い出、この辺から努力値を振ることを覚えた。しかしまだ個体値とかは知らない。

第4世代
パールをやる。ヒコザルを貰った。ゴウカザルが強く、ムクホークレントラーも優秀なポケモンですね。ゴウカザルは無邪気、ムクホークレントラーは能天気でした。この時点で性格に関しては完全にマスターしてる。しかし、技ごとに物理特殊が分かれてることを知るのはパールを初めてやってから1年半後。この辺りから個体値があるということに気づく。プラチナも発売してから半年後くらいにやった。

ソウルシルバーをやる。ヒノアラシを貰った。厳選を少しずつ始める、この時はまだ全体的に高ければいいやって感じだった。

第5世代
ツタージャ弱かった。BWからネット対戦を始めた。BW買ってすぐは学校で友達と対戦するだけだったが対戦してた友達がWifiで対戦できることを僕に伝えたことで僕も対戦を始めた。BWはフリーしか潜ってない。BWはどちらかというと厳選孵化ばかりしていた。厳選でめざ氷サンダー粘りました。厳選なんてやってる暇なんてないってなりBWの終盤に乱数を覚えた。
BW2から少しずつレートにも潜り始めたがあまりやる時間がなくもっとやれば良かったと後悔してる。回線があまり良くなくレートに潜りにくかった。五世代ってフリーとレートが回線が違うっぽく、フリーで普通に潜れてもレート行くとマッチング画面で切断しちゃうことがしばしばあった。乱数は5世代覚えた後に4世代を覚えた。色ボルト以外は出来る。(ハイリンクはやりたくないです)三世代は出来ません。

6世代
XYをやる。ケロマツを貰う。フリーが伝説アリになりみんなレートに移行、レートメインに。
しかし、XYは合計で900戦ほどしか潜ってない。
ASを発売日の朝3時にコンビニに取りにいってプレイした。その日に殿堂入りまで行った。キモリを貰いました。
ORASからレートに良く潜るようになった。XYの頃はレート2000すら行ってなく、自分が2000行くのは絶対無理だと思ってたが行けた。2100とか無理って言ってたけど行けた。2000行ってない時は2000凄いって思ってたが自分がそのラインに立つと凄いと思わなくなった。2100も同じ感じ。2100は絶対いけるラインじゃないから行けたら嬉しいけど、一度行ってるラインだから昔に比べて凄いとは感じなくなった。
僕自身、自分が出来ることは皆んな出来ると思ってる人だからこんな考えなのかも知れない。

2100は凄いです。2200は絶対行けないし、2100すらもういける気がしません。

最後の方はよく分からなくなってしまったがまぁいいや。
おしまい。




シーズン13 最高2083最終2026構築 ガルガブ02

 

f:id:popla-ai:20160119030017p:plain

 今期は基本的にずっとガルガブをメインに使っていてその取り巻きを考えていた。最高レートは2083です。うーん、終盤もっと潜ればよかったと後悔…

採用の順番は、ガルーラ ガブリアス マンムー ゲンガー ファイアロー ジャローダの順です。

 


個別紹介

f:id:popla-ai:20150713192004p:plain

性格:意地っ張り 特性:肝っ玉→親子愛

実数値:進化前 181(4)-159(236)-101(4)-x-102(12)-142(252)

            進化後 181(4)-192(236)-121(4)-x-122(12)-152(252)

技構成:猫騙し 秘密の力 炎のパンチ 不意打ち

配分は一般的な秘密ガルーラと同じ。炎のパンチの枠は噛み砕くと悩んだが、ナットレイクチートに対しての打点が欲しかったので炎のパンチを採用した。猫騙しがあるから初手にも投げやすいが読まれると不利になるのでよく分からない時は秘密の力を打ちたいところ。初手のガルーラミラーは猫騙しかマンムーに引くようにしていた。陽気の猫騙しなら受けてそこからマンムーに引くという動きでカバーできる。猫不意の縛り性能は高いということを感じた。
 

f:id:popla-ai:20151030155430p:plain

ガブリアス@ヤチェの実

性格:陽気 特性:さめ肌

実数値:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

技構成:剣の舞 逆鱗 地震 岩石封じ

前期と今期の2シーズンに渡り全く同じガブリアスを採用した。ヤチェの実はスイクンクレセリアの冷凍ビームのダメージを抑えつつ突破出来、体力が少し削れたとしても、火力アップアイテムを持っていないボルトロスにも一発ダメージを入れることができ強かった。襷でない弊害としては、ストッパーにならない パーティ全体で重たいゲッコウガが更に辛くなる とりあえず初手に投げとけがしにくい。しかし、何を選出するか迷ったら出せばいいです。
 

f:id:popla-ai:20160119030624p:plain

ジャローダ@気合の襷

性格:臆病 特性:天邪鬼

実数値:151(4)-x-115-126(244)-116(4)-180(248)

技構成:めざめるパワー岩 挑発 蛇睨み リーフストーム

襷めざ岩ということでファイアローウルガモスを無理やり突破出来る。初手にジャローダを投げた場合、これらのポケモンジャローダに後出ししやすく裏から出てくることが多かった。リーフストームは等倍ならば2発受けることは難しいので数値受けすることはされにくい。挑発蛇睨みがあるのでサポート性能の十分ある。
 

f:id:popla-ai:20150923150237p:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病 特性:浮遊→影踏み

実数値:進化前 135-x-86(4)-182(252)-95-178(252)

            進化後 135-x-106(4)-222(252)-115-200(252)

技構成:ヘドロ爆弾 鬼火 祟り目 道連れ

ジャローダマンムーファイアローが状態異常技を持っているため祟り目で抜いていくということも可能になっている。気合玉が欲しい場面はガルーラに打ちたい以外あまりなく、フェアリーが増えていたためヘドロ爆弾で正解でした。また、催眠術を採用しなかった理由として鬼火より命中が低い(当たり前)、ヒードランを除くゲンガーに後出ししてくる炎ポケモンはヘドロ爆弾が入るため鬼火で問題ないとして採用していた。
今の環境でメガゲンガーを使うなら絶対HSよりCSメガゲンガーの方が強いと思います。H179-D133のファイアローに対してHSヘドロ爆弾が40.7%〜48.6%の確3だが、CSだと47.4%〜56.9%の乱2(86.7%)なので後出しから回復は間に合いません。鬼火が一度入ればクレセリアも祟り目で確定であり、使ってみるとわかるCSの火力の強さが見えます。
 

f:id:popla-ai:20150713185817p:plain


性格:腕白 特性:厚い脂肪

実数値:207(172)-152(12)-145(252)-x-81(4)-109(68)

技構成:ステルスロック 氷の礫 地震 毒々

ゴツメ枠として初めはクレセリアを採用していたが、クレセリアではガルーラにもガブリアスにも勝てないと感じていたため、クレセリアを全然選出できませんでした。そこで、こちらのガルーラから相手のガルガブに対して引けるポケモンとして、主に鉢巻ガブリアスの逆鱗を受けてもらうためのポケモンとして採用した。パーティ全体を見ても竜の一貫性があり、ゴツメを誰が持っているか分かりにくいパーティだったので読まれにくかった。ボルトロスに強い型ではないが相手からすればマンムーは邪魔な存在なので圧力をかけることができていた。
 

f:id:popla-ai:20160119030859p:plain

ファイアロー@青空プレート

性格:陽気 特性:疾風の翼 

実数値:175(172)-132(244)-92(4)-x-90(4)-172(84)

技構成:剣の舞 ブレイブバード 羽休め 鬼火

今はHDアローがメジャーの型となり、アローの火力は低いと考えられているからこそ火力のあるファイアローは刺さっているのではないかと思った。飛行弱点ポケモンには縛り性能があるので積極的に鬼火を打ち、サイクルを有利にできる。バシャーモには鬼火を打ちましょう。1サイクル目で引かれなかったことはほぼありませんでした。剣舞アローにフレアドライブを採用してる型もあるが、今の環境だとフレアドライブでダメージを入れに行くより鬼火で定数ダメージを稼いだ方が強い、もっと言うなら鬼火がないと弱いと思う。ガルガブに上から鬼火を入れたいが為にSを伸ばしているが鬼火が入った所で耐久がなく、ブレバの反動で体力が削れてしまうのでSは最低限の153〜157くらいにして残りをBorDに振った方が賢いと思った。


まとめ

今期はガルーラの多様化、特に秘密ガルーラが増えガルーラが強いと改めて感じました。僕自身もガルーラとゲンガーがメガ枠ですが、ガルーラを出した時の方が勝率が良く、思った以上の強さ(急所、麻痺)がありました。ゲンガーは本当に刺さっている時でないと活躍出来なかったです。

重たいポケモン

ゲッコウガ 単体で重たい。猫不意で縛るかメガゲンガーに進化させて対面させる。

スイクン 熱湯の火傷を怖がらなければなんとかなる。

ボルトロス ガルーラマンムー辺りが倒すしかない。
バシャーモ アローを大事にする。

ボーマンダ 秘密ガルーラ使っているととんでもなく厳しいポケモンガルーラ+マンムーの礫やアローのブレバで処理したい。

軽くあげるだけでこれだからまだまだ改善すべき点が多いのは反省します…


最終レート2026  最終順位211位


来期も頑張ります。

シーズン12 最高レート2122構築 対面サンバースト ムーンライト

f:id:popla-ai:20151117042847p:plain

対面構築を使いたいなと思っていたのでこんな感じのパーティになりました。対戦回数はあまり多くありませんが2000まではすんなり行けたので戦える力はあると思います。そこから伸び悩み、2000中盤をうろうろしてました。


個別紹介

f:id:popla-ai:20150713192004p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:陽気 特性:肝っ玉→親子愛

実数値:進化前 181(4)-147(252)-100-x-100-156(252)

            進化後 181(4)-177(252)-120-x-120-167(252)

技構成:捨て身タックル 冷凍パンチ 地震 猫騙


相手のガルーラを見ても怯えることがないよう、ミラーで勝ちやすくする陽気最速型。物理受けを強引に突破できるパワーはないがガルガブの二体で集中して突破は可能。

このパーティ唯一のメガ枠なので積極的に選出していきたいが必ずガルーラを止める駒を相手は用意してくるのでどう崩すかが大切。先発で出ていくことよりも裏においてガブリアスで物理受けを崩した後に出ていくことが多かった。


f:id:popla-ai:20151030155430p:plain

ガブリアス@ヤチェの実

性格:陽気 特性:鮫肌

実数値:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

技構成:剣の舞 逆鱗 地震 岩石封じ


ガルーラが猫捨て身と物理受けを崩せないため、剣舞を持った個体にした。クレセリアスイクンが受けに来るタイミングで剣舞をすることで冷Bのダメージを抑えつつ突破することができる。

ヤチェはあまり発動せず、襷やラムの方が安定しそうだがヤチェだからこそ強気に剣舞でき勝てることができた。初手にきやすいローブシンはヤチェを盾に剣舞して突破という形もとれる。ガブリアスは何を持っているか分からないというのも強いです。


f:id:popla-ai:20150713191530p:plain

ボルトロス@命の珠

実数値:155(4)-x-90-177(252)-100-179(252)

技構成:気合玉 目覚めるパワー氷 10万ボルト 電磁波


今のボルトはHSベースの悪巧みばかりですが珠にした。気合玉を搭載することで初手ガルーラを吹き飛ばしたり、後出しマンムーナットレイに対して大きなダメージを与えることができる。

しかし、耐久が全くなボルト自身の後出しというのは難しい。ガルーラはHに降ると気合玉耐えるし、猫不意でボルトを倒しにきたりと何もせずにボルトが倒れるといったこともレート上位に行けば行くほど多くなった。電磁波が必要かと言われたらそんなことはないので電磁波の枠を他の技にするのも良いと思う。(何がいいかは分からないですが…)


f:id:popla-ai:20151030155505p:plain

ウルガモス@気合の襷

性格:控えめ 特性:虫の知らせ

実数値:161(4)-x-85-205(252)-125-151(248)

技構成:目覚めるパワー岩 蝶の舞 虫のさざめき 大文字


ウルガモスが強いのではという考えがあったので使ってみた。襷を持つことで先発にも出しやすく、多少雑に扱っても活躍してくれる。めざ岩を搭載しているため襷が残っていればファイアローにも勝てる。

蝶の舞から全抜きできる力もあるがあまりそういう使い方はしなかった。(ラムでなく麻痺や毒になりやすいから出来ないと言うのが正しいかも) めざ岩の枠をサイキネ、ギガドレ、めざ氷or地面にすると倒せる相手が変わってくるので悩みどころである。襷を盾に突っ込むのか襷を大事にするのかを考える。襷だから虫の知らせの発動機会もそこそこある。

 

f:id:popla-ai:20151030155452p:plain

クレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い 特性:浮遊

実数値:227(252)-x-189(252)-95-150-106(4)

技構成:サイコキネシス スキルスワップ 月の光 毒々 


 クレセリアとして1番機能する形。スキスワは電磁波と迷ったが身代わりガルーラボルトロスの悪戯心、ニンフィアのフェアリースキンを奪えたほうがいいと思いスキスワを選んだ。電磁波にすることでパーティで重たいメガゲンガーゲッコウガの足を奪えるのでこちらでも良い。

ガルーラのグロパンを警戒してるせいか全然ガルーラに投げれなかったことは反省点で、ボルトロスウルガモス猫騙しを受けてしまうことが多かった。(クレセリアみて猫騙し打てないと思ったのですがそんなことはなかった…)

猫騙しをクレセリアに受けられてもそこからスイクンやサザン、ガルド、ドランに引けばいい、という考えだと思う。クレセリアは釣り交換をしないと厳しい対面を作りやすいのが難点。


f:id:popla-ai:20150923150314p:plain

ギルガルド@ラムの実

性格:意地っ張り 特性:バトルスイッチ

実数値:シールド時 163(220)-111(244)-171(4)-x-172(12)-84(28)

            ブレード時 163(220)-221(244)-71(4)-x-72(12)-84(28)

技構成:アイアンヘッド 剣の舞 キングシールド 影打ち 


キングシールドを搭載した物理にした。初めは弱点保険にしていたが、ゲンガー鬼火催眠、害悪戦法に耐性をつけるためラムに変更した。弱点保険なら勝っていたという試合もあったがそれ以上にラムで良かったという場面のほうが多かったのでこの変更は正解だと感じた。

アイアンヘッドを採用してる理由としては、ピクシーやニンフィアといったフェアリーに対しての打点を求めたから。


[全体として]

パーティ全体としては、ガブリアスがスカーフでない、ボルトロスが珠、炎枠にウルガモス上から叩かれると厳しかったためゲッコウガメガゲンガーは辛かった。

害悪戦法に対しては中々強かったが受けループは割とどうしようもなくなってしまうことがあった。ラッキーに対してウルガモスで蝶の舞をし続けるしか勝ち筋がないと思っているため。

カバルドン展開に対しては、カバルドンにあまり仕事をさせない動きをする必要があり、ガブリアスでいきなり剣舞をしてラムを警戒させたり、ボルトやウルガで突っ込んでなんとかしていた。毒守ボルトほんとに止めてください……

クチート軸に対してはウルガモスの襷を大事にしつつ、ガルーラ猫騙しでトリルを稼ぎながら戦いました。簡単に剣舞の起点を作られ、不意打ちでみんな倒されてしまうので注意する必要がある。


基本選出というのはあまり考えておらず、刺さってそうなのを出していく感じでした。この辺がまだまだ弱いところです…。

ボルトとガルーラをよく選出し、次にガブリアス、その下でウルガモスギルガルド、最後にクレセリアは完全に置物になってしまいました。クレセは出せば良かったって思うこともあるのでもっと出せば良かったなと。


今期はインフレしたが、最終日にしてやっと2100行けました。何度も2100チャレンジ失敗して悲しくなりました。実力がないことはわかっているので運も必要ですが、ここまで来れて良かったです。楽しく対戦できたとおもいます。



TN:Glarecchi(グレアっち)

228戦137勝91敗

最高2122 最終2104 158位

でした!


ここまでありがとうございました。



(蛇睨みが英語でGlareっての知ってなんかTNダサく感じます…)


シーズン12序盤構築 ポリクチand対面

シーズン12の序盤からずっと使っていたけど勝てないので解散ということで。

f:id:popla-ai:20151102200151p:plain

 

 

個別紹介
 

f:id:popla-ai:20151030155108p:plain

クチート@クチートナイト

性格:意地っ張り 特性:威嚇→力持ち

実数値:進化前 157(252)-150(252)-105-x-75-71(4)

            進化後 157(252)-172(252)-145-x-95-71(4)  

技構成: 剣の舞 じゃれつく 叩き落とす 不意打ち

前期から増えたなと感じたメガクチートを僕も使ってみようと思いました。
ポリクチだし技構成はこれで問題ありませんでした。

f:id:popla-ai:20151030155140p:plain

ポリゴン2@進化の輝石

性格:控えめ 特性:ダウンロード

実数値: 191(244)-x-111(4)-165(200)-116(4)-87(56)

技構成:トライアタック シャドーボール トリックルーム 目覚めるパワー炎

HCベースのポリ2。めざ炎を持っているため4振りハッサムまで抜いているが役に立った場面はほとんどなかった。けれど、剣舞ガルドより速かったりしてなんだかんだ良かった。
 

f:id:popla-ai:20150713191530p:plain

ボルトロス@オボンの実

性格:臆病 特性:悪戯心

実数値:172(140)-x-92(16)-158(100)-100-179(252)

技構成:悪巧み 目覚めるパワー氷 10万ボルト 電磁波

今流行りのHCSボルトロス。ここは元々はHBゴツメボルトだったが、ガブリアスガルーラに抜かれていると選出しにくいことが多いので最速に変更した。ボルトスイクンの並びに強い最速のボルトは使いやすかった。

f:id:popla-ai:20151030155156p:plain

スイクン@突撃チョッキ

性格:呑気 特性:プレッシャー

実数値:207(252)-95-154(36)-136(204)-136(4)-96(12)

技構成:絶対零度 冷凍ビーム 神速 熱湯

零度スイクンを使ういい機会ということで使用しました。零度があることで受けループやピクシーなど耐久型をまとめて処理できるようになった。しかし、零度スイクンが環境に出てきたため、身代わり持ちのスイクンガルーラが増えてしまいました。零度スイクンに後出ししてくるスイクンは身代わり持ちのスイクンがほとんどのため(零度スイクンをあと投げしてくることもあった)ボルトロスをあと投げすることで逆に起点にすることができる。Bを大きく削ってCに割いているがチョッキスイクンは物理を相手にするというよりは特殊全般に強く打ち合えた方がいいためこの様な調整になっている。火力アップアイテムを持ってない化身ボルトの10万を二発耐え、HSベースのオボンボルトに対しては冷B二発と神速で倒せ、メガバシャは熱湯と神速で倒せる。
 

f:id:popla-ai:20151030155430p:plain

 ガブリアス@拘りスカーフ

性格:意地っ張り 特性:鮫肌

実数値:183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

技構成:ストーンエッジ 逆鱗 地震 炎の牙

ライコウやゲンガーを上から叩けるスカガブ。秘密ガルーラが増えてしまい、ガブでガルーラに負けるようになり動かしづらくなった。
パーティ的にライコウやゲンガーが重いためスカーフにしているが拘らない方が良かったのかもしれない。

 

f:id:popla-ai:20151030155209p:plain

バシャーモ@命の珠or(バシャーモナイト)

性格:やんちゃ 特性:加速

実数値:155-189(252)-90-131(4)-81-132(252)

技構成:飛び膝蹴り 目覚めるパワー氷 守る フレアドライブ

メガか珠で迷っていた。初めはメガで使用していたが、クチートバシャーモの相性がいいこと、火力だけ見ればメガより珠の方があるので珠に変更した。HBスイクンに対して飛び膝蹴り二発で落とせる確率が89.8%のため安易な後出しは許しません。めざ氷があることでランドやマンダがいても選出しやすくなる。ASメガバシャーモのめざ氷は流石に火力不足過ぎたので剣の舞にしていた。
 
 
ゴツメ枠がいないのでガルーラがしんどく、マンダ軸も相手にするときつい。ポリクチという選出が全然できなかった(ポリ2が全然選出できない)

ポリクチは諦めました、厨パ使います。

ありがとうございました。
 

 

シーズン11 最高レート2047構築 メガ進化同時選出 ルカリオ&ゲンガー

はじめに
このパーティでの最高レートは2047なので、その程度だと思って見てくれれば良いです。また、深く考えて作ったパーティではなく適当に詰め込んだ物ということをご理解お願いします。使用したパーティはこちらです。
f:id:popla-ai:20150917123134p:plain


個別紹介
f:id:popla-ai:20150923150253p:plain


ガブリアス@拘りスカーフ

性格: 意地っ張り 特性: 鮫肌

実数値: 183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

技構成: ストーンエッジ 逆鱗 地震 炎の牙

パーティにおけるお掃除係。ゲンガーやボルトロスの上から叩けるのでこれらのポケモンがいても積極的に選出していけるのは良い。
スカガブを使用したのは初でしたが、強いですねこのポケモン


f:id:popla-ai:20150923150258p:plain
ルカリオ@ルカリオナイト

性格: 臆病 特性: 精神力→適応力

実数値
進化前: 145-x-90-167(252)-91(4)-156(252)

進化後: 145-x-108-192(252)-91(4)-180(252)

技構成: 気合玉 ラスターカノン 悪巧み 真空波

環境が進むにつれどんどん使いづらくなっているポケモン。今回は、ポリクチやクレセドランに対して強い特殊型。初手に出て来やすいポリクチどちらに対しても一発で倒せる気合玉を採用している。
波動弾だと相手を落とせないから選出したくないことはあっても、気合玉の命中が不安だから選出したくないということはないのも理由になる。物理だと思い込んでクチートが突っ張ることもあるし、クレセリアに引くこともあるので良かったのかと思う。ルカリオ全般に言えることだが耐久型の増加(特にボルトロスファイアロー)が使いづらくなってる理由なのかなと思った。ダウンロード対策をすることでポリゴン2に気合玉を外してもダメージを抑えることができるのでD4振り。

f:id:popla-ai:20150923150243p:plain
マリルリ@オボンの実

性格: 意地っ張り 特性: 力持ち

実数値: 204(228)-112(252)-100-x-100-74(28)

技構成: 滝登り じゃれつく 腹太鼓 アクアジェット

普通の太鼓マリルリバシャーモや舞ったウルガモスを止め、竜を無効にする駒。オボン持っているためタイマン性能もそこそこあり、またヒートロトムやゲンガーとサイクルを回すことができる。


f:id:popla-ai:20150923150237p:plain
ゲンガー@ゲンガナイト

性格: 臆病 特性: 浮遊→影踏み

実数値
進化前: 167(252)-x-81(4)-150-95-178(252)

進化後: 167(252)-x-106(4)-190-115-200(252)

技構成: 祟り目 ヘドロ爆弾 鬼火 道連れ

メガゲンガーとしては一番使いやすいHS祟り目型を使用。メガ進化しなくてもある程度戦えるためルカリオと同時選出することも多々あった。またこのパーティはゴーストの一貫ができてしまっているためゲンガーやギルガルドが初手に来ることが多い。ゲンガー相手だと同速勝負になるがシャドーボールでも耐えるから問題は大きくないが、初手でゲンガーとギルガルドが対面した場合、ギルガルド側はゲンガーに変なことされたくはないと考えシャドーボールを打ってくるので道連れで倒し、2対2状況を作り出す。(初手のギルガルドは特殊か毒守がほとんどのため)


f:id:popla-ai:20150923150307p:plain
ロトム@食べ残し

性格: 図太い 特性: 浮遊

実数値: 157(252)-x-174(252)-125-128(4)-106

技構成: 鬼火 目覚めるパワー氷 10万ボルト 電磁波

穏やか個体がいなかったため図太いになっている。珠ボルトの気合玉2発で飛んでいくので穏やか推奨です。オーバーヒートを切っているが欲しいと思った場面は少なく、ガブリアスに対しての処理速度を上げるめざ氷を採用した。ナットレイハッサムに対しては鬼火を入れておけばなんとかなります。一番使用した技は鬼火で、次点で10万、めざ氷と電磁波はほとんど使用しなかった。


f:id:popla-ai:20150923150314p:plain
ギルガルド@ラムの実

性格: 意地っ張り 特性: バトルスイッチ

実数値
シールド時: 157(172)-110(236)-170-x-171(4)-92(92)

ブレード時: 157(172)-220(236)-70-x-71(4)-92(92)

技構成: 聖なる剣 剣の舞 影打ち シャドークロー

前シーズンも使用した同じようなギルガルド。Sが普通の物理ガルドより少し速いが特に意味は無い。S85〜89付近のマリルリクチートを抜けるくらいです。ラムの実を持っているため状態異常に強く、火傷の保険や欠伸ループからの脱出が可能となっている。DL対策のためBは無振りです。



最後に

今シーズンは本当に勝てないシーズンで、初めて2000に到達したのが最終日の夜でした。
そして今シーズンの構築はこれ以外ありません。潜る度にパーティを変更していたため対戦回数は多いけれど対戦してる気があまりありませんでした。

今の環境はルカリオにとって最悪だと感じました。個別のところでも少し書きましたが、ボルトアローの多様化、最速ガルーラ、スカガブなど嫌なことしかない。ルカリオ自体耐久がないので悠長なことができないのも悪い点かなと思う。シーズン12は過去作解禁するのでまた変化があるといいですね!!

ここまでありがとうございました。

シーズン10 最高レート2104構築ラティオス&ルカリオ ガルーラ

僕がシーズン10の終盤に使っていたパーティです。

 

f:id:popla-ai:20150714230827p:plain

 

 個別紹介

f:id:popla-ai:20150713185817p:plain

マンムー@突撃チョッキ

性格:意地っ張り 特性:厚い脂肪

実数値:186-200-100-x-112-100

技構成:地割れ 氷柱針 地震 氷の礫

地割れは受けループ、高耐久ポケモン対策。Sを4振りスイクン抜きまで振っても良いがC145ボルトロスの+2気合球で倒れる確率が6.3%から37.5%まで上がってしまうのでやめました。ちなみに確定耐えまで持っていきたいならAをHに1回してください。

 

f:id:popla-ai:20150713185829p:plain

ルカリオルカリオナイト

性格:陽気 特性:正義の心→適応力

実数値:進化前 146-162-90-x-90-156

    進化後 146-197-108-x-90-180

技構成:インファイト 剣の舞 アイアンテール 神速

6世代になってからの僕のパートナーポケモンガルーラを上から叩いて一発で倒せる強い子だがガルーラより先に進化しておかないと不安が残る。最近は陽気ガルーラも増えて初手対面しても圧倒的出し勝ちとは言えなくなった。技に関しては剣の舞の枠を冷凍パンチや地震にしてもいいです。バレットパンチがほしい場面もあったが神速を切ることは出来なかった。このポケモンを使う上で一番警戒しないといけないのはギルガルドです。地震がないと有効打が無く格闘技がノーダメージなのが辛いです。

 

f:id:popla-ai:20150713191153p:plain

ラティオス@拘り眼鏡

性格:臆病 特性:浮遊

実数値:156-x-100-182-130-178

技構成:サイコキネシス 流星群 トリック シャドーボール

 5世代の最強ポケモン、そして僕が一番好きなポケモンスイクンボルトロスが多く、エスパー ドラゴン技の通りが良かったことから思ったより活躍してくれました。ガルーラの不意打ちはやめて下さい…お願いします… エスパー技は威力をとってサイコキネシスを採用。シャドーボールの枠は元々波乗りでしたが、パーティ上ギルガルドがきついので変えました。パーティにラティオスルカリオがいるのでギルガルドはよく来ます。

f:id:popla-ai:20150713191530p:plain

ボルトロス@オボンの実

性格:図太い 特性:悪戯心

実数値:184-x-132-145-101-135

技構成:草結び 目覚めるパワー氷 ボルトチェンジ 電磁波

パーティのクッション役。電磁波は強い。草結びはカバルドンマンムーに対する打点であり、これによりマンダマンムーの並びにも強気に選出していけます。草結びを気合球にすることでナットレイにも強くなれる。パーティがナットレイ重いので気合球が正解かもしれません。

f:id:popla-ai:20150713191951p:plain

ギルガルド@命の珠

性格:意地っ張り 特性:バトルスイッチ

実数値:シールド時 159-110-170-x-170-91

    ブレード時 159-220-70-x-70-91

技構成:聖なる剣 剣の舞 シャドークロー 影打ち

珠を持って高い威力で攻撃していく。アイアンヘッドより一貫性のあるシャドークローを採用。剣舞できれば強い。困ったらいつもパーティに入れているがあまり選出はしない。ラムの実することで熱湯や鬼火に対する保険にもなるから安定度は上がるが、舞わないと火力が出ないため今回は珠を採用しました。

 

f:id:popla-ai:20150713192004p:plain

ガルーラガルーラナイト 特性:肝っ玉→親子愛

実数値:進化前 181-161-100-x-100-142

    進化後 181-194-120-x-120-152

技構成:グロウパンチ 秘密の力 岩雪崩 不意打ち

5割で相手を怯ませるポケモン。受けループ対策でもある。岩雪崩の通りがよいと感じたら出していきます。ガルーラを対処するポケモンクレセリアスイクンの場合、交換でグロウパンチ打てれば一度ひるませることで突破できる。メガヤドランに関してははグロパン+雪崩+秘密の力で落とせないので倒したいのなら恩返しor捨て身タックルのほうがよい。意地っ張りのASである必要が薄いため陽気ASにするか意地っ張りHAベースの方が使いやすいと思います。

 

技構成すらしっかりと固まってないのに2100いけたのは正直、運が良かったからだと思いますが、ラティオスを使ってこの様な結果が出たのは素直に嬉しいです。

ルカリオはXY時に一番使ったメガ枠であり、ORASになってから一度もパーティから外さなかったのですが、ルカリオ軸で組むといつも同じようなパーティになってしまうので今期はなるべくルカリオを外したパーティを組んでました。このパーティも初めはルカリオの所にバシャーモ@ラムの実 がいましたが、使い慣れたルカリオが戻ってきました。

ちなみにルカリオを使い始めた理由はガルーラの倒し方がわからなかったからです。

これで終わります。ありがとうございました。